FC2ブログ
admin⇒

日記的空間

主に、私見のために使用するスペースです。 所々、日記的に気ままに書いたりと、アトランダムな使用をしていきます。

 | ~home~ | 

ね…眠ぃ…

ども、自分です(-o- )…

めっさ眠いです。放って置いたら勝手に寝そうです。でもって4~5時間寝そうです。
15分~30分くらいで起きられるように準備してから仮眠と言う流れを作らないと、一日が無くなります^^;
冗談じゃないから、簡単に寝ようとは思いませんが、めっさ眠いっす…

事の発端は昨日のバイトにありました。
ちょうど昨日のバイト先は徒歩で10分とかからない場所に立地していたので、歩いて行ったのです。
で、到着した途端に、バイト先の人から伝言が入ったのです。
『今夜11時、本部で緊急招集』といった内容でした。つまり、バイト後直行で本部に向かえと^^;
最近の私は朝が遅く、大体11時ぐらいに起きています。朝ご飯はそのときに、昼は大体2時ごろに。
で、昨日のバイトですが6時半位にはバイト先に居たかったので、当然、バイトが終わってから食べるつもりでした、夕食は。
そしたら、突然の緊急招集。私、昨日は10時半までバイトなんですよ( ̄▽ ̄;)
で、バイトが終わったら急いで後片付けして、本部に直行。自転車で約20分のところにある本部。残念なことに自転車は家に置いてあるときた。
したがって、間に合わせることがぎりぎりのタイミング。自転車を取りに行き、そこから自転車でダッシュです。
何とか間に合ったものの、当然ご飯は食べる暇もありません。
で、そこであったのが緊急会議。しかも、議題は私がバイトを始める前にあった出来事。知っていて損は無いものの、ねぇ^^;
会議が終了したのは0時を過ぎていました。
そこから家に帰宅するのは当然0時半ごろ。ご飯を作って、普段やってる日課を処理して、それでもう寝るだけと言うわけなのですが…
この日課、朝と晩にいつもやっていることなのですが、そのうちの一つが、36時間ごとに処理に時間がかかってしまうんです^^;
で、それが見事に昨日の晩とバッティング。さらに、大体3日に一度、夜に選択しているのですが(と言うか、それくらいに間隔をあけないと洗濯物が少なく、電気、水ともにもったいないですし、逆にもっている服のバリエーションの少なさ等から、これ以上間隔をあけられない)、その洗濯の日もバッティング。
加えて、朝と晩の日課ですが、メールの処理が通常晩の方が時間がかかると言う罠。
寝るために一生懸命に作業をしたつもりでしたが、結局布団に入れたのは大体4時ごろ。その時点でかなり眠かったですよ^^;
で、今日は朝7時半に起きたわけです。理由は?毎週水曜に見ているアニメがあるんですw
そのアニメを視聴予約にしておき、テレビのリモコンの電源スイッチを使って切っておくと、要するにスタンバイな状態になっているので、時間が来ると勝手に電源が入って見れるという、なんだか優れた機能がありましてね。
それを使ってテレビの電源が入るようにしてあったんですよ^^;
まぁ、そのほかにも、入れっぱなしになっていた携帯のアラームもなったので、そのときにも一度起きているわけですが、ほとんど記憶に無い状態で、切って寝たんで、関係は無いとしても、テレビはついていると寝られないw
で、そのアニメを見終わったら二度寝しようかとも思っていたんですが、思ったより目が冴えてしまったので、ここで寝たら多分一日が終わると思い、起きたと言うわけです。
今になって、猛烈に眠い…が、今日はやろうと思っていたこともあるから…


しかもしかもです!ガムが、キシリトールガムが在庫切れになってしまうと言う状態。
どこかで仕入れなきゃ、口の中にガムが入っていない生活なんて、もはや考えられないよぉ(T-T)
でも、残念なことに、最近、安く売っているような機会が全然無い。あったら2~3ボトル位一気に買いだめするのに~o(≧ω≦)o
うぅ…定価で買ってたら生活資金を圧迫しちゃうのに…(。。


そういえば、最近『スカイクロラ』を買って、読みました。
私が映画と原作の両方を見た作品は、麻生幾の『宣戦布告』福井晴敏の『亡国のイージス』『終戦のローレライ』以来の四作品目になるんだなと、不意に思ったものでした。
まぁ、もともと余り映画を見ないと言うのもあるんでしょうけどね^^;映画館に行ってみるにしても、誰かと行く機会が無ければ行かないしw
原作と言えば、『風の谷のナウシカ』の原作である漫画が読みたいなぁとか思ったりしていますが、なかなか手にいれる機会が無い。
と言うのはさておき、『スカイクロラ』は読んでいて、本当にビックリしました。
何故って、こんなにも原作と映画が似ているなんて思いもよらなかったからです。
もちろん映画には映画なりの解釈なり、場面展開なりが盛り込まれていました。
しかし、それを差し引いても原作にかなり忠実でした。これは今まで私が原作、映画ともに見た三作品とは大きく異なるものでした。
とは言っても、今まで読んできた作品は、ハードカバーで上下巻とか普通にやっていたので、映画では多少なりとも独自のストーリーを組み、描写を省いていかなければ、到底映画と言う約2時間の間には収まりきらないものだったと言う理由があるのですが。
『終戦のローレライ』に至っては、当初から映画化を目的としていたらしいのに、文庫で四巻編成という大作。どう考えても映画には収まりきらないと言う、なんか本末転倒w
で、スカイクロラの感想ですが、少々フラグの回収がやり切れていない感じを受けました。
特に、小説の方では、黒豹のパイロットのフラグ回収がなんとも心細い。
そこを見ての事だったのでしょうが、映画の方はその意味で黒豹のパイロットは登場回数も多く、ちょいとウェートを占めすぎた感も無いわけではないにしろ、ストーリーを組み立てていく上で、上手く使われていたと思う。
それでも、かえって出すぎてしまったもんだから、黒豹は少々フラグを立て過ぎていたかな^^;
小説の方では大きくは触れられていなかったキルドレという存在。物語の中心ではあるものの、途中からその名称が登場し、結局最後までほとんどなぞのままに終わるという、読者の自由に任せられた設定に思う。
しかしながら、映画の方ではその小説の中での描写から、選び出されるであろう可能性の内の、もっとも無難であろう選択肢を強く示唆する内容になっていた。
『しおんの王』という漫画はアニメ化がされているが、そのラストは、漫画の結論が出る前に、アニメが追いついてしまったため、アニメ製作スタッフがアニメ独自の解釈を紡いだと、ウィキペディアだったかに書いてあったと思う。
同様に、映画製作に原作者がタッチしているかどうかを考えると、必ずしもそうとは限らないのだろうなぁ、とおぼろげに思うところで、やはり、あの展開は映画製作側の解釈になるのだろうなと私は思っている。
それとともに、映画版で非常に興味を抱いたのが、主人公の最後の台詞『I kill my father』だと思う。
字幕には『ティーチャーを撃墜する』になっていただろうか。
これは、原作にも無い描写であって、解釈であって、その意味は全くをもって不明。完全に観客に判断を委ねる部分であった。
こういう、何かしらの予感を残していくと言うのが、なんというか絶妙だと思います^^
映画では、戦闘機等々、ちゃんとV字編隊を組んでいましたし、なんか見ていて楽しかったです。
原作とラストが違うのはどういう意図なのか…
単純にグロを避けたとは考えにくいだろうしなぁ。なんたって機銃で撃墜される戦闘機のコクピットの中、ものの見事にぶちまけてたし( ̄□ ̄;)


さて、もう一つ、ラストの話題です。
最近PSのゲーム、ザ・コンビニ2をやっていたりします。
ある程度の方向性さえ確定させるところまでゲームを進めたら、後は放っておいてもクリアできる手軽さが魅力ですw
ただ、一つの疑問があったりするのです。コンビニを経営するゲームで、マップが6種類ほどあるのです。
初期の内では4マップしか選べず、残りの2マップは特定の条件を満たすとやれるらしいです。
で、マップごとにクリア条件ってのがあるんですね。
レベル1では総売り上げ50億以上、レベル2では総来店客数77万以上、レベル3では10年以内に総売り上げ50億以上、レベル4では10年以内に総来店客数77万以上となっているんです。
で、私がこのゲームをやっているとどういうことが起こるかといいますと、今のところ、レベル1~3までクリアしたのですが、総来店客数が77万に至る頃は、総売り上げが大体20億後半から30億前半なんですよねぇ。
何で、売り上げの方がレベル低く設定されているのかが分からない。どうやっても総来店客数の方が簡単にクリア出来るぞ^^;
スポンサーサイト

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://watakusimi.blog64.fc2.com/tb.php/60-e46c587a

 | ~home~ | 

プロフィール

結城 桃燈

Author:結城 桃燈
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する