FC2ブログ
admin⇒

日記的空間

主に、私見のために使用するスペースです。 所々、日記的に気ままに書いたりと、アトランダムな使用をしていきます。

 | ~home~ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは…キツイぜよ^^;

ども、自分ですヽ(^-^)ノ

さて、体中が筋肉痛です^^;
13日に思い立ったが吉日生活、16時に実家に帰省することを思いつき、18時に出発。
で、駅まで辿りついたあと、通常ならば地下鉄に乗るところを、そうだ歩こうと思い立ち、歩いて帰ったんです。
しかしながら、普段お出かけの際に使う、小さめのバックにいっぱいに本やらの類の物を詰め込んで、しかも、このブログを書いているように、私のパソコンとネット環境などの一式をもっていて、荷物は非常に重いという状況でした。
で、一時間くらい歩くことになってしまいまして、いくらなんでも計算外( ̄▽ ̄;
肩に腕に足に筋肉痛になってしまいました。
その体でどうしたかっていいますと、もとより高校時代の同級生が集まってのクラスマッチなるイベントに参加しまして、しっかりと運動をしたわけですよ。
しかも、その後の立食パーティに参加しまして、ずっと立ちっぱなし。まぁ、同級生の約半分が集まると言うものすごい招集力と言いますか、私どもの学年の、特にこの企画を立ちあげたメンバーのパワーには愕然としますねぇ^^;
もちろん、そんな大人数での立食パーティですから、会話もかなり大きな声でやらないと聞き取れませんし、通じません。
今日の朝にはどうなったかと言いますと、足の筋肉痛がひどくなったばかりではなく、腹筋が新たに筋肉痛になると言うプラスアルファ(爆)
しかも、今日は中学の先輩(と言っても多分10歳くらい年上)の人からのお誘いがありまして。
昨日も友人に、自分からさそわねぇと、誰からも夏休みに遊びのお誘いがかからないと愚痴っていましたし、別に嫌ではないのですが…
でも、何故にお誘いがあのホモから掛かるんじゃい、この野郎orz
映画にでもとか言っていたんですが…確かに、おそらく奢ってもらえそうな空気があったので、魅力はあったんですが、あんなやろうと二人で映画を見ていたら危なくて安心できないじゃないかΣ
で、かねてより卓球がしたいと思っていたので、卓球をしようと提案。高校時代、私は部活の部長をやっていましたし、その人も大学まで部活をやっていた方で、今もそれなりに続けているようなので、かなり本気で卓球をやったわけです。
どうなったかは言うに及ばず。足がもはや死にそうですわ( ̄▽ ̄;

ほんとにまぁ、帰って来るまでは全く用事もなかったんですけどねぇ…
思ったより多くのイベントがやってきて、ビックリしてはいます…が、確かに私は地元に戻っている期間が短く、地元の人々と遊ぶ機会を作りにくいと言う事実はありますが、大学の友達などなど、誰からも誘いが掛からないという、そういう人間関係を作ってきたと言うことが如実に現れているぜい^^;
と言うか、なんというか全体的に友達づきあいの質が薄いのか?
まぁ、それも因果ですかねぇ(゜゜

そうやって、いろんな人とおしゃべりをしながらと言ったところですが、やっぱりどうも、特定の誰か、何か居合わせればおしゃべりできる、そういった友人がいなかった感じですねぇ…
私は高校時代、そんなに仲の良い友人を作り損ねていたのかΣ
ま、擦り寄れば相手をしてくれる人はいましたし、それで良し(相も変わらずガキな性格。なんだか小動物みたいに甘えん坊だ(苦笑))
いろいろと、おしゃべりの出来る相手と話をしていましたが、なぜか恋バナが豊富(=▽=)
しかも、ことごとく泥沼w
まぁ、もちろんそういう話をしていれば、私にも話題は振られるのですよ。
「で、桃燈君にはそういう話はないの?」

まぁ、残念ながら、ない。カケラほどにもな^^;

私はそもそも女の子から男として認識されているのかどうか…
自分で言うのもなんですが、他の男とは比べ、比較的自然に女の子とおしゃべりする…というか、なんか暇なときのおしゃべりは女の子相手の方が気が楽なんですよね( ̄▽ ̄;
そんなこんなで、大学のクラスメートの女の子に「桃燈君って女の子とばかりしゃべってるよね」と言われてしまう始末ですからね(オイオイ)
意識している相手がいないわけでもないんだけどねw
もちろん、普段からおしゃべりしている人かどうかは別問題。そういうところでなぞに包まれるのが私なのでございますよ(=▽=)
ま、最近の私は結構分かりやすい行動をしているようなので、いくらかのうわさが当たってるんでしょうね。いくらかのうわさは見事に私の行動にだまされているんでしょうね(笑)

それはさておき、別の話題。
漫画って結構いいことを言ってることって多いですよね。そりゃ、なんかの受け売りだったりすることもあるでしょうし、異様にクサイ台詞を吐いていたりもしますがw


「本当は自分でも分かってるんだ。俺に才能なんてない」
全ての努力が必ず報われるなら
日本はきっとメジャーリーガーだらけだ
NBAプレイヤーもゴマンと出るだろう
仲間に弱音を吐くのは慰めて励まして欲しいからだ
欲しいのは同情なんかじゃない
欲しいのは

”信頼”だ



こんな本質を突いたことを言うのは、「あひるの空」
この漫画はこういうフレーズが多々登場する、私の比較的好きな漫画です^^
うん、確かにそのとおりだ。本当に才能がなければ活躍できないだろう。努力だけでは届かない領域ってのはあると思う。
特に運動の分野に顕著だ。身体能力に遺伝は大きく関係してくるのだから。
しかし、脳の構造、特に記憶のメカニズムを見ていると、脳のもつ潜在能力ってのはよほど障害がない限り、大体の人がその力をもっているように思う。
つまり、自分の好きなことに対して、知識が豊富な人が多いと言うことだ。
ゲームの知識や、人によっては花の名前など。おさかな君でしたっけ、非常に魚について博識で、時折TVで見かける人のように、魚に詳しい人もいますしね。
私がこれまで生きてきた中で、そうやって得意分野をどんな分野であれもっていない人と言うのは見たことがありません。
記憶のメカニズムから見ても、当然のことなのでしょう。集中力、興味と言った要素が、脳の神経回路に伝わる電気信号を相対的に見て強いものにするため、海馬の中で長期記憶にふさわしいと選択されやすいと言うことですね。
要するに、記憶に関していうのであるのならば、頭は使いようなんです。

大学入試、東京大学で合格者が全部で3500人強、京都大学で3500人弱程度と概算ですがなると思います。あわせて6000後半から7000人にいくかどうかといった数の人が合格するわけですね。
それに対し、大学センター試験を受ける人間の数は年々減少傾向にあり、今では大体70万人を切っています。
つまり、大学受験生の約1%が東大京大に合格する計算になります。私立、早慶を筆頭としてそういう大学を受ける人もいますし、芸術分野に進学する人もいます。
また、地元志向で旧帝大などの地元大学に進学する人もいるわけです。
そのような諸条件を考えますと、たとえば旧帝大や一橋、東工大に合格する人の数を考えると、おそらくは受験生全体で約5%くらいの人が可能性ありなのではないでしょうか。
私が思うのは、5%だったら、入学すると言う目的だけを考えるなら、それは努力次第だろうと。

私はそろばんの3級に合格するまでに6年かかりました。
普通の子は2~3年程度で合格しますよ。才能と努力がかみ合えば1年程度で合格する人もいます。
私は才能も努力もなかったと言えるかもしれません。先生も、3級に行く前に辞めるだろうと思っていたらしいですしね^^;
しかし、3級くらいなら実際、少しまじめにやれば誰でも受かる程度の難度と言えるでしょう。
私は最終的に、11年以上の月日を費やし、暗算で5段、珠算で4段を取りました。
才能がなくても、こつこつ積み上げれば、5%位には入れると思うのです。
少なくとも、国体などに出場する可能性を考えたら5%なんて、ものすごく確率のいい話です。
先ほども言いましたが、記憶に関しては頭はある程度使いようで何とかなるはずです。それだけの能力が、生きるために人間には備わってきているはずなのだからです。
つまり、努力して報われる、少なくともそういうものは勉強に関して言えばあるといえるのではないかと、そう思ってはいるのです。
これが私の考え。

もちろん、研究者とかの道に進めば、天才はいると思う。私自身、こいつには勝てないと思わさせてくれる人との出会いは尽きない。でも、勉強だったら、少なくともその壁が、もちろん目の当たりにしてきてはいますが、直接に阻んでくるのは他の分野に比べ、遠い話にならざるを得ないように思うわけだ。

最近、アクセス解析の傾向が変化している気がします。単なる偶然なのかもしれませんが。
ねぇ、君。一体いつ私のブログを読んだんだい?足跡が見つからないなんて^^
ブログを見なきゃ、あんなワードが出てくるはずがないじゃないか。本当に、全く、いつまでたっても読めない奴。
いろんなことを考えてしまう、僕の性格。気になって仕方ないし、やっぱり気にしている。
スポンサーサイト

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://watakusimi.blog64.fc2.com/tb.php/55-ca36c1dd

 | ~home~ | 

プロフィール

結城 桃燈

Author:結城 桃燈
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。