FC2ブログ
admin⇒

日記的空間

主に、私見のために使用するスペースです。 所々、日記的に気ままに書いたりと、アトランダムな使用をしていきます。

 | ~home~ | 

思うこと

大震災以来始めての更新になりますね。

実家は愛知、現住所は京都の私は何の問題もなかったのは幸いでしょう。
地震のその瞬間、実家でパソコンを前にTVで国会中継をBGMにしていました。(←ほとんど聞いてなかった)
そしたらいきなり、緊急地震速報が出てきてビックリ。一番最初に思ったのは関東東北の地震速報を中部に出してどうするよ、でした。
そしたら、国会の映像も驚くほどゆれて、一発目から震度7の表示。
こりゃぁ、こっちでもゆれるなと思ったら比較的大きなゆれがゆったりと。
酔いましたw

次に震源を見て、津波来るなーと思ってたら、それどころじゃない大津波。
凄い映像でしたね。リアルタイムで見てました。

いろんな情報があふれてて、その情報をちゃんと取捨選択しなくちゃなりません。
例えばAC_JAPANのCM。ACのCMはCM枠が空いたときに使ってくださいね、と提供されているものらしく、地震の影響で企業がCMを一斉自粛したためACのCMだらけになったという経緯があります。
だから、ACのCMが悪いとかそういうことを言うつもりはまったくありません。
ただ、例えばACが震災用に向けて急遽作られたCMにはわずかに間違いがあったりします。
節電は西日本ではあまり意味を成さないというのはよく知られている例。
電気の周波数の問題で、東日本の電気と互換性がないのですね。
それよりも、無駄な通話やメールを控えようというやつです。
通話はともかく、メールはパケット通信なので、回線を圧迫することはそれほど心配要りません。
メールに関しては萎縮する必要はまったくないんですよね。

今私に出来ること。

こんな文句が氾濫しています。
間違っているとは言いません。むしろ正しいと思っています。
ただ、好きじゃないんです。怒られるかもしれないけど、結局はある理屈を忘れている気がします。

例えば、戦争特需で成金と呼ばれた人たちがかつていましたが、そのような人たちの逸話の中で、お金で明かりをともしたとか有名ですよね。
そういう人たちが、お金のない人たちに対して哀れむようにお金を投げ捨てたとしたら、どう思いますか?
人を見下し、卑しい行為だと思う人がいくらかいるのではないでしょうか。

しかしながら、被災者に対して、あるいはアフリカとかそういう貧困層に対してのように、募金とかする行為。
心情が違うだけで、相対的にはまったく裕福な立場から、恵んでいるという点に関しては違いがないと思うのです。
自分が現在いる立場を棄てる勇気なんてないんです。私もそうなんです。
むろん、そんなものをかなぐり捨ててボランティアをする人、すばらしいと思います。
でも、私なんかはそんなことをする勇気なんてないんです。
つまり、そういった行為は所詮「やらないよりマシ」という程度のことなんだと思ってます。
日本に生まれた、そして、今まで大きな震災に遭っていない、ただそれだけの幸運のために、世界のほとんどの人より恵まれた生活をしています。
そうでない人たちの現状をみて、可哀想と思うこともしばしばあります。
でも、やはりそれは、恵まれた自分の地位から見ていることには違いないのです。
それを認識した上で、でも自分のその立場を棄てるだけの勇気なんてないことを苦しく思いながら、やらないよりはマシという認識でなにかアクションするなら、分かるのです。
でも、人助けだとか、そういう正義を振りかざすのは、好きになれないんです。
そんな正義を振りかざすくらいなら、もっと自分を投げ出せよ。私にはそんな勇気はないし、その程度の器量でしかないことは百も承知で言ってるんだ。
皆で助け合おうとか、そういう綺麗事は要らないんです。今の現実を見つめて欲しい。

原発の問題で。
ある方と議論しました。
とある中学生のアイドルですか、がブログに書いている内容が話題になっているようで。
洞察力、文章の書き方とか、確かにすばらしかった。
電気なんてあるから使う。まるで麻薬のようなものだ。といった言い回し。
原子力が直ちに健康に影響はないとか、じゃぁ、時間がたったら影響は?とか。
微量+微量+微量=??とか。
凄く良い文章だったと思いますが、さらにそれを掘り下げていったのです。
確かに、電力もとい、経済はあるから使う。どんどん回すといった形で発展していってる。
でも、今の原子力のようになにか重大な影響が出るくらいなら、要らない。
あるから使うのであって、なければ良い。それにあわせた生活レベルにしたら良い。
これが、現実に実現可能かということを考えた。
資源のない日本が本当にそういうことをやろうとしたら、日本の中にある資源だけで回せる程度に生活のレベルを落とさなくてはいけない気がします。
海外との関係を続けたままの状態で何とかしようとしたら、燃料を輸入しなきゃならないし、そのためのお金を手に入れなきゃならない。
そうなるとズルズルと経済を回さないといけません。
じゃぁ、他の国はいいや、といって一種の鎖国状態になれるのかどうか。
麻薬のように経済を回すほかの国がそのままであるとしたら、おそらく喰われるでしょう。
そうすると、また経済を回さなくてはならない。
経済はいまや、国家と関係なしに動いている。
じゃぁ、国家がなくなればと考えるのですが、文化などの違いがない状態を固定できなければ、土地ごとの違いがなくならず、やはり国家が生まれそうだ。

今までの技術革新が、環境に悪影響を与えなかった例をほとんど知らない。
そういう目からみたら、今の経済発展がいいとは思わない。
でも、少しでも延命をしようとしたらそれしかない気がするんですね。
いろいろと端折ったけど、そんな議論だった。

世の中は難しい。しみじみと思う。
スポンサーサイト

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://watakusimi.blog64.fc2.com/tb.php/133-bc8224d9

 | ~home~ | 

プロフィール

結城 桃燈

Author:結城 桃燈
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する